Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 長期ラインでトレンドを見て短期ラインでエントリーがベスト?

長期ラインでトレンドを見て短期ラインでエントリーがベスト?

おはバイナリー( ´△`)

エリックです。

長期で引いたフラクタルラインは、

エントリーのタイミングを測るのに不向きなときがあります。

なので、長期のラインはトレンドの見極めに主に使用し、

エントリーはできるだけ短期のラインでやってみよう、という のが今回の方針です。

長期の下降トレンドで、長いラインは引けますが、

もうすぐラインの先同士が接触しそうなほど詰まってきていますね。

そしてふたつの長期ラインがクロスする寸前。

ローソクが上に一気に抜けました。

この時点で安値の最新フラクタルをふたつ結んで短期ラインを描きます。

高値はまだ出ていないので保留・・・

長期のラインに挟まれた状態から上に脱出したので、

上昇トレンドとみて、Highでの勝ちを狙います!

トレンドの見極め方(大和証券)(注1

ここは以前のやり方、高値のフラクタルが確定した瞬間を、

押し目と考えてHighで入る方法でやってみます。

幸先いいですね、勝ちです!

今回、試してみたいトレード法ではないですが、準備運動としてはなかなかの滑り出しでしょう。

そして、高値の短期ラインも引けました。

いま、ローソクは上を攻めているので、ここが抵抗帯となるでしょう。

高値の短期ラインに頭をぶつけたところでLowで入ってみます。

平均線がそばを走っており、これが影響するかどうかを見極めるために、ちょっと待機しました。

大丈夫そうだったので、

予定通り、高値の短期ラインに引っかかった瞬間にLowで入ります!

よし、2勝目!

今回はすごく順調です。

ぜんぜん危なげないですね!

続けてこのラインでLow狙いの予定だったのですが、

予想外に下げが強く、平均線に頭を抑えられる展開になって入れず・・・

平均線がかわりに抵抗帯になっているのでここで入ればよかったのかな。

もしくは、高値ラインを最新のフラクタルに合わせて引き直してもよかったですね。

このようにきちんと機能してますし。

安値のラインも2箇所で勝てるポイントがあります。

今後の課題は、この次の短期ラインにどういうタイミングで移行していくかですねえ。

短期ラインは消さずに放置して、そのうちよく機能するラインを長期ラインとして扱 う、

って感じになるでしょうか。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)トレンドの見極め方(大和証券)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細