Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 長期フラクタルラインはやはり優秀!ただしエントリー地点に課題も・・・

長期フラクタルラインはやはり優秀!ただしエントリー地点に課題も・・・

おはバイナリーヽ( ´¬`)ノ

エリックです!

最近は、より信頼できるフラクタルラインを引くべく、

できるだけ長いスパンのチャートを見てフラクタルをつないでます

基本はトレンドラインと同じ、前回の高値や安値がスタート地点ですね。

トレンドライン (FXTF)(注1) 

高値のラインと安値のラインが接近してきているので、

上か下か、どちらかに飛び出してトレンド転換する可能性が高そう。

ここはラインで逆張りせずに、トレンド出現を待ちます!

上の方に飛び出したので、Highで買うことにしましょうか。

高値フラクタルが出たので、それが確定した瞬間にHighで入ります!

・・・が!

まさかの負け・・・

上に抜けたのはダマシのサインだったのでしょうか・・・

その割には上に大きく跳ねてますよねえ。

流れはまだ上方向だというふうにも感じますが・・・

これまで高値のフラクタルラインは抵抗線でしたが、

そこを抜いたので、抵抗線が支持線に転換していると予想します。

「抵抗線」「支持線」でメド探る(会社四季報ONLINE)(注2) 

この支持線に落ちてきたところを拾うようにして、再度Highでチャレンジ!

ゆるやかですが、やはり上だったみたいですね。

今度は勝ちです!

結局は、最初に引いた安値のフラクタルラインに沿った動きと いうことですね。

抜けていないほうのフラクタルラインは

引き続き支持線、抵抗線になるということでいいのかな。

今後も活用していきましょう。

ただ、高値のフラクタルが出たときに入る場面で失敗したのは気になりますね。

以前はけっこう高い勝率があったのですが、最近失敗が目につくようになった気がします。

もう少し、別のフィルターをかけて、精度を高めていったほうがいいんでしょうか。

そのあとに出た高値フラクタルでは勝ちになってるんですけどねえ。

勝ちになる場面と負ける場面をうまく区別できていないのが現状ですね。

では本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)トレンドライン (FXTF) 

(注2)「抵抗 線」「支持線」でメド探る(会社四季報ONLINE) 

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細