Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 広がっていくフラクタルライン・・・こういう日はやりにくい?

広がっていくフラクタルライン・・・こういう日はやりにくい?

おはバイナリー(-_-)

エリックです!

フラクタルラインを引いていると、ラインがまるで機能しないことがたまにあります。

こういう感じで、

高値、安値ともに更新していって、広がっていくようなパターンですね。

普通は、高値や安値が接近して三角保ち合いになってブレイク、という流れなのですが、

このように離れていく逆三角保ち合いというものも存在します。

三角もちあい(大和証券)(注1

レアケースであり、手を出してはいけない相場だという意見もちらほら見かけるのですが、

フラクタルラインを引いてるとけっこうな頻度で出ちゃうんですよね~。

この逆三角持ち合いになると、しばらくは手が出ません。

手を出しちゃいけないといいますケド、

やりようがないので結局見守るしかないのです。

そして、そのうち平均線にぶつかります。

頼れますよね~、ここからLow

そして、勝ち

ごちそうさまです。

トレンドが変わった時なんかは負けることもありますが、

まあ、だいたいはこれで勝てますね、気楽なものです。

そして、次のチャンスを待つのですが、また広がっていくフラクタルライン・・・

こういう逆三角保ち合いっぽい相場ってけっこう続くんですよね。

手を出すなと言われましたが、あまりに暇なのでなんとかしてみようと試みます!

高値のフラクタルラインがレジスタンスになるなら、

ローソク足は頭を押さえられて下向きに動くはず。

そこで、Lowに狙いを絞ります。

安値のフラクタルが出たのを見て、

十分な戻りを作ったのを確認してから、Lowでエントリー!

うーん、ギリギリでなんとか勝ち

これは狙い通りというよりかは運かなあ・・・

これは最後のほうだけの抜粋ですが、これより前もずっと線を引きまくっています。

逆保ち合いといい、今日はなんとも流れの読みにくい日でした。

まあ、なんとか2勝できただけでも良しとしましょうか。

あんまり深く突っ込むと、あっという間に勝ち分を取り返されそうなので、

本日はここまで!

お付き合いただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)三角もちあい(さんかくもちあい)(大和証券)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細