Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 大切なのは距離の近さ!高精度のダブルトップで勝ち!

大切なのは距離の近さ!高精度のダブルトップで勝ち!

おはバイナリー(;-_-)

エリックです!

ダブルトップ、ダブルボトムを狙ってトレードしてますが、

それでもけっこう待ち時間が長い・・・。

そんなときはチャート研究で時間を潰してます。

こうやって最新のフラクタルを2つ結んでトレンドラインを引いてみたりとか・・・。

使うとしたら、トレンドラインが抵抗線、支持線になるんでそこから逆張りか、

抜けたところを順張りって感じでしょうか。

自分がやるなら、抜けたところでトレンド転換と考えて、

そこから逆向きフラクタルを待ってからエントリーかなあ・・・?

トレンドを予測する(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)(注1

少しやってみたんですけど、

フラクタルで引けるラインがけっこう目まぐるしく入れ替わるので、

慣れないと大変かも、って印象でした。

MT5はラインを引いたり消したりは簡単なので、

そこらへんはやりやすいんですけどね。

さて、そんなことをしていると、ダブルトップっぽいのが出ました。

かたちはダブルトップというかトリプルトップというか、

あまり動いてないんで山を形成してるとは言えないかも・・・ってパターンなのですが、

これまでの経験上、

山の高さ、谷の深さよりも、高値の距離が近いほうが精度が高いと 感じてます!

これならいけるだろうと判断して、下向きのフラクタルを待ちます!

下向きフラクタルが確定した瞬間を狙って、Lowで入ります!

なんだか値動きが小さいので今回はスプレッドはナシ!

今回は完全に読み勝ちかな?

きわめて順調な流れです!

これならスプレッドありでもいけたかなあ?

そのまま一度も後退することなく、最後までしっかり押し切っての勝ち!

これだけ危なげない勝ち方は久々かも・・・

平均線が支持線になるかなという予想はしてたんですケド、

ある程度の戻りからLowで入ったおかげで余裕がありましたね!

じっくり待てば、安定して勝つことはできるんですが、やっぱり待ち時間は暇だし、

さっきのトレンドラインのやり方とかをうまく開発して、

もう少しトレードの回転率を高めていきたいところです。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)トレンドを予測する(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細