Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » ヘッドアンドショルダーズの変形版!これをどこまで許容すべき?

ヘッドアンドショルダーズの変形版!これをどこまで許容すべき?

あけおめバイナリーヽ( ´¬`)ノ

エリックです。

新年の一発目から勝てました!

今年もいいことあるといいナ~なんて思っちゃいますね。

さて、ヘッドアンドショルダーズで入る、というのをメインでやってるわけですが、

どうしてもきれいなかたちにならないことのほうが多いワケです。

この場合も、黄色で囲った部分が候補なんですけど、

ヘッドアンドショルダーズボトムかと言われると?という感じですよね。

※ヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊) (マネックス証券)(注1

右側の下向きフラクタルをひとまとめにすると、納得できる形になります。

これがヘッドにあたるので、

もうひとつ、ショルダーが出るのを待ったほうがいいかな~、とか迷うわけです。

ん~、どうしようかな。

ひとまとめにせず、フラクタルを別個と考えると、

変形はしていますがヘッドアンドショルダーズボトムが完成したとして、

上向きフラクタルを合図にhighで入る、ってことになります。

上向きのフラクタルが出ました。

そして、ローソク足はいいカンジに下げてくれてます。

先ほどの下向きフラクタルとほぼ同じ水準という、

ヒジョーに美味しいポジションです!

この誘惑には逆らえない・・・

つい、highで入ってしまいますが・・・

入った瞬間にドーン!と下がっちゃいます・・・

うーん、これはミスったか?

残り1分。

バイナリーもけっこうな期間やってると、

雰囲気で勝てるかどうかわかっちゃいますよね。

この時点でもうあきらめムードです。

はい、奇跡は起きませんね。

完敗でフィニッシュです!

チャートはこうなってます、完全に読み間違えの状態。

やはり、先ほどの接近した下向きフラクタルをひとまとめと考えて、

もうひとつ、ショルダーが出るのを確認してから入るべきでした。

実際にはショルダーは出ずにさらに下げ継続だったので、

負けは回避できたはず・・・

ちょっと勇み足でしたね。

ヘッドアンドショルダーズの変形バージョンをどの程度まで許容してエントリーするかは、

これからの課題だと思ってます!

きれいな形ばかり待っていても、なかなか入れないですからね!

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)ヘッドアンドショルダーズボトム(逆三尊) (マネックス証券)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細