Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » エンベロープとボリンジャーバンドを検証してみた!(上)

エンベロープとボリンジャーバンドを検証してみた!(上)

こんにちは!


ともみです♪


だんだん暖かくなってきましたね!


昨日は近くの公園に、お花見に行ってきました!


屋台がたくさん出てたんですが、食べたいものを買い漁っていたら…。


財布があっという間にすっからかん。(涙


どうして屋台の商品ってば、あんなに高いんでしょうねぇー。


さて、すっからかんになった分、バイナリーオプション頑張らないとね♪


さて、前回「エンベロープもいいけど、ボリンジャーバンドもいいんじゃないかなぁ?」


と漠然とした疑問が湧いてきたので検証してみることにしたよっ!


まずおさらいだけど、


エンベロープっていうのは「移動平均線をそのままの形で平行移動した線」のことだよ。


そして、ボリンジャーバンドは「値動きを見て統計的に動く可能性がある値幅の線」の事だよ!


ざーーっくり言うと、


・エンベロープは移動平均線から一定の距離を保ってるよ!


・ボリンジャーバンドは値動きが大きいと移動平均線から離れて、値動きが小さいと移動平均線に近づくよ!


ってことです!


つまり、チャンスが来やすいのは「ボリンジャーバンド」ですね!


まずはボリンジャーバンドから検証してみますょ!


今回はチャート確認だけでなく売買もスマホでやってみました!


つまり、チャートを確認したら同じ端末で売買もやってみよう!と思いましてぇ。。。


実はこれがかなりハマりポイントでした笑



 こんな感じでタッチして、タッチした次の線が反転した瞬間に売買すると言うルールにしました!!


そぉしたらですねー…


スマホで売買しては行けないことに気づきます(汗



取引画面に移動するのにちょ~~~時間がかかります!


変わった瞬間に、もうチャンスが過ぎてました涙


しかも、画面切り替えするたびに通貨がリセットされてちゃいます・・・涙


これは30秒で勝負する人にとって致命的だわー!!


もう何度と



取引画面がでてこないぃぃぃぃぃ~~~。



取り逃がしました涙


検証も大失敗ですが、結果も大失敗でした涙



1勝4敗…


出遅れまくりで1度勝てたほうが奇跡かも(笑


いや~。


ハイローオーストラリアの画面だけで売買すれば問題ないんですけどねぇ~。


チャート見ながら、通勤時間でも売買できるかなぁ!と欲張ったのが失敗でした。。。!


教訓:チャートは別の端末で確認しようねっ!

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2019 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細