Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » ダマシのあとにはダマシは来ない!高精度の【バイナリー予測法】をついに発見!

ダマシのあとにはダマシは来ない!高精度の【バイナリー予測法】をついに発見!

おはバイナリーヽ( ´¬`)ノ

エリックです!

ここ最近の失敗から編み出した予測法なんですケド、

もういっかいここでおさらいです。

これはMACDですが、本体が0以下になったところ。

そして、シグナルが0以下になったところ。

この2つのポイントはともに下げトレンドのサインで、Lowで入るのが定石です。

MACD(マックディー)とは?FXトレードでの基本的な見方と上手な使い方(みんなのFX)(注1

ですが、世の中そう簡単ではなく、この中にはダマシもよく混じります。

このダマシを見抜く方法が、最近編み出したという予測法ですね。

この予測法。

かな~り単純です。

MACD本体の0通過がダマシになるかどうかで、

次のシグナルの0通過がダマシになるかどうかがわかる、とい うものだからです。

MACD本体のサインがダマシなら、次のシグナルのサインは正しくなるので、

シグナルの0通過のときに、サイン通りにLowで入れば勝てる、というものです。

この場面でのローソク足を見てみましょう。

本体の0通過ではLowで勝ちになっていますので、サイン通りの結果となっています。

すると、次のシグナルの0通過では下げ、というサインがダマシになるので、

ローソク足は上昇するハズ。

事実、シグナルが0を通過したところから、ローソク足は上昇に転じています。

正しい → ダマシ

ダマシ → 正しい

というように、正しいサインとダマシサインが交互に出るので、

MACD本体の0通過のサインがダマシになるかどうかを見れば、

次のシグナルの0通過のサインがダマシになるかどうかが予測でき、勝てる、ということですね。

で、実際のトレードです。

けっこう長い待ち時間がありましたが、やっとMACDが0付近まで落ちてくれました。

ここでは2つともHighのサインですが・・・

最初のMACD本体の0通過はHighのサインなのにダマシになっています。

なら、次のMACDシグナルの0通過サインはダマシにはならないはず!

したがって、ここでHighです!

はい、ばっちり予測が当たって勝ちです!

このように、ダマシのあとは正しく、正しいサインのあとはダマシ、 と覚えておきましょう。

まあ、まだまだ詰めるところはありまして、

いまトレードした部分の直前にも、エントリーできるポイントはありました。

でも、

本体が0を通過したあと、シグナルが0に到達するまでに激しい上下のもみ合いがありました。

このように上下どっちに行くかで激しくやりあってるときは、

次のサインがダマシかどうかの予測精度が落ちる傾向にあります。

なんというか。

エントリーのタイミングがズレて負けやすい、というカンジですね。

なので、上下で激しく殴りあっているときは、回避したほうが無難だと思います。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)MACD(マックディー)とは?FXトレードでの基本的な見方と上手な使い方(みんなのFX)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細