Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 【最近の負けの原因をとうとう発見!】これまでと逆のパターンにやられていた・・・

【最近の負けの原因をとうとう発見!】これまでと逆のパターンにやられていた・・・

おはバイナリーヽ( ´¬`)ノ

エリックです。

最近調子が落ちてきた、というようなことを言っていましたが、

しばらくトレードを繰り返してみて、負けやすいポイントがあることに気づきました。

エントリーはMACDのサインを根拠に行っているのですが、

MACDが0を下に向けて通過したところは、下げトレンドのサイン。

MACDシグナルが0を下に向けて通過したところも下げトレンドの最後のサイン、というのが一般的です。

MACD(FXブロードネット)(注1

ですが、エリックはここにアレンジを加えて、

MACD本体は、サイン通りに下げでLowですが、

MACDシグナルは、ダマシが多く、サインと逆の動き(High)になりやすい、

として、運用してます。

これまでは、かなり失敗の少ない方法だったのですが、最近ではこれが・・・

こういうエントリーになります。

1戦目はギリギリの負け。

2戦目は完敗、というカンジですね。

特に1戦目の負けが深刻です。

MACD本体の0通過は、かなり信頼できるサインでした。

このチャートでも、最終的には下げトレンドが継続しているのですが、

入るタイミングがいまいちで負けになってしまってます。

これらは単純にサイン通りに入っているのではなく、

直前の過去チャートのパターンもしっかり分析した上での負けなので、

厄介だなあ、と思うワケです。

そして、最近の負けパターンをチェックしてみて、

この2連敗のパターンが多いことに気づきました。

これをなんとかすれば、勝率を再び上向けることが可能になるかも・・・

そして、早速、突破口になりそうな見抜き方を見つけました!

先に来るMACD本体の0通過が、サインと反したダマシになる場合、

次のMACDシグナルの0通過は、ダマシではなくサイン通りになる、 というものです。

ちょっとややこしいですが、従来と逆のパターンになる、ということですね。

ローソク足の動きがこちらになります。

最初のサインは本来、上昇なのでHighですが、下げてしまっており、ダマシになっています。

すると次のMACDシグナルサインでは、本来、ダマシで下げに来るはずなのに、

ダマシにならず、サイン通りの上昇となっています。

よって、MACD本体が0を通過するときにダマシになるかどうかを見極めれば、

次のMACDシグナルの0通過サインがダマシになるかどうかを予想できる、ということなのです。

今回、このことを実戦で確かめたかったのですが、

MACD本体の0通過がダマシになるパターンが出現せず、検証はお預けとなりました。

これはMACD本体の0通過がサイン通りになったパターンですね。

先に来るサインがダマシではなかったので、次に来るサインはダマシになると踏んで・・・

Lowで勝ち!

ただ、こっちのパターンはまだ未検証と言うか、通用するかどうか判別しかねています。

というのも、先にくるサインもあとに来るサインもダマシでないパターンがけっこう多そうだからです。

ちょっと、今回は、ややこしくなっちゃいましたね。

次回から、もう少し検証を進めて整理していこうと思います!

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)MACD(FXブロードネット)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細