Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 【スイングの値幅を意識して反転するポイントを予想!】でもそれだけじゃ勝ちきれない?

【スイングの値幅を意識して反転するポイントを予想!】でもそれだけじゃ勝ちきれない?

おはバイナリー(ー_ー;)

エリックです!

な~んだかちょっと調子が落ちてきました。

トレード回数を増やしたくて、シミュレーションを繰り返した結果、

逆に調子を崩してしまったような・・・。

まあ、そこまで負け込んでいるワケではないんですケド、

もう一度、トレードのやり方を調整しないといけないかな、と思い始めてます。

今日、実際にトレードしたのはこの2本。

まずは1本め、大きく値を落としている場面ですね。

MACDにデッドクロスが出現しているのですが、

これはダマシと読んでHighで入りました。

最近の負けについてはまだ整理しきれていないので、

対策はまた今度にまとめようと思っているんですが、

ひとつだけ気をつけるようになったのが、スイングの値幅ですね。

手前の下げのときと同じくらい下げているので、

下げはもう限界になるだろうと予測して、上昇すると踏んだワケです。

この、値幅というのを意識していくと、反転しやすいポイントが見えてきやすいですね。

んでまあ、あっさりと勝てたワケですが、このあとが続かないのです。

MACDのゴールデンクロスが出ましたが、

値幅を意識するともう上昇限界なので、ダマシと予想してLow。

しかし、ほとんど下げないまま、負けになっちゃいました。

その後の動きでは下げているので、

上昇限界だという読みはそれなりに当たっています。

でも入るタイミングが悪くて負けているというカンジ。

どうしても勝てない瞬間はあると前に言っていましたが、

ごくまれにある、というわけでもなく、こういう負け方が最近けっこうあるのです・・・

これが調子が落ちたと感じる原因ですね。

この負けの原因は、

予想以上に上昇が強く、上昇限界が少し上にずれ込んだ、という点にあります。

チャートからそれを読み取るならば、この長い下ヒゲでしょうか。

安値圏での長い下ヒゲは底入れのシグナルなので、

通常よりも上昇する力が強くなると予想すべきだったのかも・・・

買い・売りのシグナル=その?上ヒゲと下ヒゲ(会社四季報オンライン)(注1

とまあ、いろいろな情報を総合しつつ、

もう一度、勝率を高く維持させるべく調整を行ってます。

これが一時的なスランプだといいのですが・・・

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)買い・売りのシグナル=その?上ヒゲと下ヒゲ(会社四季報オンライン)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細