Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 短期取引の主力はチャートパターン分析!しかし、二択が発生することも・・・

短期取引の主力はチャートパターン分析!しかし、二択が発生することも・・・

おはバイナリーヽ( ´¬`)ノ

エリックです!

1分チャートでの3分トレードはまごうことなき短期の取引です。

FXやもうちょっと長い取引スパンでのバイナリーでは、さまざまなチャート分析ツールを使用しますが、

短期となると、効果的に機能する分析法は限られてきますね。

個人的に、いちばんよく使っている、信頼できると思うのがチャートパターンを使った分析法

といっても、直前のチャートを見て、同じような動きをするでしょ?っていうだけなんですけどね。

さて、今回もそのチャートパターンを把握するため、ざっと過去チャートを見渡します。

平均線からの離れはけっこうイイ感じ。

こういう緩やかで大きめなスイングはダマシが出にくいことがあるので、

MACDのサインどおりのストレートで入ることも視野に入れておかないといけないですね。

直近のいくつかのエントリーできたポイントを見てみると、Highが優勢になっています。

そして、最新のローソク足でも、

MACDのゴールデンクロス(Highのサイン)に対して、

ダマシではなく、そのままストレートに上昇という結果が出ました。

この伸びといい、かなり上昇する力は強いです。

次に出るのはMACDのデッドクロス(=Lowのサイン)ですが、

ダマシになって上昇するかな?と予想します。

しかし、ここでひとつ問題が。

上昇が大きすぎて、平均線からかなり離れています。

こういうときは、平均線のほうへ戻ろうとする力も強くはたらくんですよね・・・

テクニカル分析 14 かい離率とPMAO(岡三証券オンライン)(注1

この力が勝ってしまうと、次のMACDのデッドクロスはダマシではなくストレート になってしまうかも。

これは判断つかない・・・

完全な二択状態ですね・・・

ここで気になったのが、連続で出ている高値のフラクタルです。

すぐ接近して2つの高値が存在するということは、

酒田で言う三山を形成しにいくのかな?と思いました。

酒田五法(マネックス証券)(注2

もちろん、この判断には、今は上昇がかなり強い、という意識がはたらいてます。

ん~、これならサインはダマシでHighが正解かな・・・

Highでいってみましょうか!

ダメでした・・・

MACDのデッドクロスのサインどおり、Lowで入るのが正解でした。

うーん、やっぱり上昇が強いといっても、

これだけ平均線から離れると、いったん戻ろうとする力が勝つのかもしれないですね。

さらに最初に言った「ストレートが多くなるかも?」という判断も重視すべきでした。

そのあとはおおむね予想通りに平均線へと回帰したんですケド、

ちょっと意外だったのは、平均線にはタッチせずに跳ねたということ。

ある程度戻ってしまえば、平均線にまで到達することにはこだわらなくてもいいのかな、と思いました。

これはちょっと覚えておきたいポイントですね。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)テクニカル分析 14 かい離率とPMAO(岡三証券オンライン)

(注2)酒田五法(マネックス証券)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細