Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » これもトレンド反転のサイン?突出したフラクタルを見たら逆方向に買え!

これもトレンド反転のサイン?突出したフラクタルを見たら逆方向に買え!

おはバイナリー(ー_ー;)

エリックです。

フラクタルは直近の高値や安値をわかりやすく示してくれる指標ですが、

大きなトレンドの転換を示唆してくれる場合もあります。

よく言われるのは高値圏での高値のフラクタルが下降トレンドへの転換のサインになったり、

安値圏での安値フラクタルが上昇への転換サインになったりする、というものですね。

ただ、個人的にはこれはあんまりトレードに役立たないというか、使いにくいサインです。

安値圏、と言いますが、そこらへんの定義があいまいで、

安値圏だと思ってもさらに落ちる、なんてことはザラにあるからですね~。

これは経験則なんですケド、

ポツンと突出したフラクタルが出た場合、反転することが多いと 感じています。

トレンドのラストってダメ押しみたいな感じで強烈な上昇や下降が出やすいです。

これをフラクタルが拾ってくれるのかも。

セリング・クライマックス(大和証券)(注1

今日はオリンピックで日本の市場はお休み。

でも海外はやっている、という状況です。

値動きが乏しく、正直、今日はやらないほうがいいかな~、と迷いましたが、

上に突出したフラクタルが出ているので、

ここからLow狙いで行ってみようと思い直しました!

平均線を上回ったところから、Lowで入ります!

下げトレンド、かつ、今日の動きのなさからして、これ以上、上がることはないハズ・・・

ここは予想通りの勝ち。

カクカクしたチャートの動きが値動きのなさを示してますね・・・

ローソク足を見ると一目瞭然ですが、ほとんど動いてないです。

これだとちょっとした上ブレで負けてしまいそう。

やっぱり今日はこれでお開きにしておいたほうがいいかな。

今回使った、突出したフラクタルによるトレンド反転ですが、

単に突出しているだけではダメで、それまで下げ続けて、最後にダメ押しの下げ!

みたいな状況だと精度はかなり高いみたいです。

ただ、あんまり遭遇することはないかもなあ、というカンジ。

まあ、運良く出会えたら、きっちりと拾えるようにしておきたいですね。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)金融・証券用語解説 [セリング・クライマックス](大和証券)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細