Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » ダマシになるか、ならないか?見抜く秘訣は平均線からの乖離!

ダマシになるか、ならないか?見抜く秘訣は平均線からの乖離!

おはバイナリー(ー_ー;)

エリックです!

MACDがダマシになるのか、ならないのか。

上手にフィルタリングしていく、と宣言したワケですが、

なかなかいいフィルターが見つかりませんね・・・。

いや、そもそもそんな都合のいいものなんてないのかも・・・と思い、

1件1件、丁寧にエントリーのタイミングを厳選していくことにしました!

前までは「トレードは数をこなしてナンボ」という考え方だったのですが、

いま一度、原点に立ち返って丁寧にやっていこうかと・・・。

さて、いまMACDはこうなってます。

次にサインが出るとしたら、本体が下がってシグナルを下に突き抜けるデッドクロス。

これは売りサインなので入るならLow。

ダマシと読むならHighとなりますね。

いざ、サインが出る前に、チャート周辺の情勢を丁寧に読み取っていきます。

まずはちょっと前の過去チャートの状況を確認。

値動きが全然ないのですが、意外とダマシにはなってません。

今日はサイン通りに素直にトレードしたほうがいいのかな?

次に最新のローソク足を見ます。

下の水色の平均線は50分線ですが、そこから大きく離れて上がってますね・・・

強い上昇トレンドともとれます。

なら、次にMACDのデッドクロスが出てもダマシで上・・・

と思ってしまいがちですが・・・

たいていの場合、平均線から離れたローソク足は、しばらくするとまた近づいていくものです。

移動平均から乖離した価格を市場が修正しようとするからですね。

移動平均乖離率とは?FXで買われすぎ・売られすぎを判断する方法(みんなのFX)(注1

最新の足でもローソク足が平均線から大きく離れているので、できるだけ戻ろうとするはず。

だとすると次のMACDのデッドクロスはダマシにならず、Lowで入るべき!となります。

直前のチャートでもダマシは出ていないことも合わせると。

ここはサインに従って素直にLowとすべきと判断します!

そして、デッドクロスが確定しました!

ここはダマシではない!ということなのでLow!

当たり!

やっぱりここはダマシじゃなかったですね!

Lowで入ったのは○のところです。

そのあとは、予想通り、ローソク足は平均線のところに戻っていきました。

読みがバッチリ的中しました!

まあ、トレンドが強い時などは裏切られることはあるのですが、

確率的には戻ることのほうが多いと思います。

このフィルタリングはうまく機能しそうですね。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)移動平均乖離率とは?FXで買われすぎ・売られすぎを判断する方法(みんなのFX)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細