Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » なんとなく勝ててしまうこの手法・・・【狙うはMACDがダマシになるパターン?】

なんとなく勝ててしまうこの手法・・・【狙うはMACDがダマシになるパターン?】

おはバイナリー(ー_ー;)

エリックです!

MACDに出現するトレードサインを手がかりにエントリーする方法を始めてみたんですケド、

たしかに勝ち越しはできます。

でも、ちょっと負けも混じっちゃうカンジで工夫が必要かな~と。

MACDとシグナルのゴールデンクロス・デッドクロスで逆方向に入るだけだと・・・

こういうふうなエントリーのしかたになりますね。

エリックのトレードは3分なので、

1つ目は負け、2つ目と3つ目は勝ちで2勝1敗となります。

全体的に通してトレードすると、だいたいこれくらいの戦績になりますね。

このチャートを見るに、入る位置が微妙だと負けてしまうっぽいです。

レンジの上限や下限で入っていれば、たいてい勝てるように思えます。

高値圏と安値圏の見極めが物を言うカンジですかね。

いちおう、狙い目は持ち合い相場です。

ダマシのパターン(注1

MACDのダマシのパターンを狙い撃ちにする方法なので、

MACDが素直に機能する場面は失敗になります。

ただ、ベストな位置でちょうどエントリーサインが出るとも限らないですね。

ゴールデンクロスが出たので、エントリー方向はLow。

しかし、ローソク足ではこの位置です。

高値圏とはあまり言えない位置。

ここでLowは正しいのか、悩むところですね~。

いちおう、フラクタルは高値も安値もレンジを狭めてきてるので、

持ち合いと考えて、ここはエントリーOKと判断。

わりとシビアでしたが、なんとか勝ち。

相場のアヤに助けられた気もしますが、勝ちは勝ちということで・・・

このエントリー方法は、

けっこう微妙な場面でも、なんとなく勝ててしまう強さがあります。

それが積み重なって終わってみると勝ち越し、ってなってるんですよね。

高値圏や安値圏にこだわっていると、こういう勝てる場面を落としやすくて、

とにかくエントリーしまくる、って方針のほうが利益は大きいようにさえ感じてしまいます。

まあ、この方法はトレードチャンス自体が少なめで、待ち時間も長いので、

もう少しエントリーの場面を増やしたい、というのもいまの課題ですかね。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)中級編4 FX ~チャートの基本2~(外為ドットコム)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細