Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 5分線の補助線は優秀!これでエントリーのタイミングは完璧?

5分線の補助線は優秀!これでエントリーのタイミングは完璧?

おはバイナリー(ー_ー;)

エリックです。

いま、フラクタルの位置から、高値や安値の切り上げ、切り下げを判断して、

トレンドを探りながらやってます。

これでもだいたいのトレンドはわかるんですケド、

エントリーすべきタイミングっていうのはちょっと判断しにくいなあ、と思ってました。

なにせ3分という短い期間の勝負なので、どこで入るかってすごく大事なんですよね~。

トレンドの方向は合っていても負ける、なんて珍しくないワケです。

そこで、もう一本、平均線を補助線として入れます!

パラメータは5にしてますね。

パラメータ5っていうのは、どの時間足でも優秀だと思います!

日足でも定番ですし、1時間足でも機能します。

1分足でも敏感すぎず、鈍感すぎず、本当にいい塩梅なんですよね~。

移動平均線大循環分析とは?(AVATRADE)(注1

この5分線を使って、エントリーのベストポジションを探っていきます!

こういうとき、高値と安値のフラクタルは両方、値を切り下げています。

なのでトレンドは下、入る方向はLowとなりますね。

あとはいつ、どこで入るか、ということですが・・・

下げトレンドなら、5分線の上には長期間、滞在しづらいんですよね。

すぐに下に落ちちゃうので。

よって、5分線の上に留まり始めたらLowで入ります。

んで、勝ち!

これは完勝ですね!!

5分線の上を維持しきれてません。

支えきれずに落下、というカンジですねえ。

と、こんなふうに

5分線を使うとエントリーすべきタイミングがはっきりわかっちゃうんです!

こうなると、重要になるのはトレンド読みですね。

下げという前提で機能するエントリーなので、

トレンドが上向きに変わってると負けになります・・・

ヒントはやっぱフラクタルですかね。

微妙に高値も安値も切り上げたと思ったら、

平均線の下には落ちてこなくなっちゃいました。

こうなると次は上へ向かうターンになりますね。

この5分線のおかげで、ずいぶん入るタイミングが読みやすくなったように思います。

あとはトレンド読みをしっかり磨いていきたいですね!

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)究極の移動平均線、移動平均線大循環分析の極意(AVATRADE)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2021 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細