Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 【どこでも勝てるわけではない…】シンプルさと予測精度の両立が課題!?

【どこでも勝てるわけではない…】シンプルさと予測精度の両立が課題!?

おはバイナリー(ー_ー;)

エリックです。

無数のフラクタルラインに埋もれるのがツラくなり、前回からシンプルトレードに回帰したわけですが、

なんとなく気楽に入れるカンジでとてもやりやすいですね。

本日もさっそくトレード開始!

MACDのゴールデンクロスは上昇が始まるサイン。

サインの読み方は非常に簡単。誰でもすぐ使えるMACD(外為どっとコム)(注1

これを見たら、高値のフラクタルがまだ出ていないのを確認でき次第、

どこでもいいのでHighで入ります!

どこでも勝てるはずでしたが・・・負け!

まあ、そんなに世の中甘くいないか・・・

敗因の分析です。

ここからHighで買いましたが、3分後には落ちて負け。

高値のフラクタルがエントリー後に出現していますが、まあ、これは関係ないですね。

過去チャートを見回してみましたが、

こういう交差する角度が鈍い、微妙なクロスは危険っぽいですねえ。

値動きが弱すぎて、ドレンドが形成されにくいんでしょうか?

先ほど、高値のフラクタルが出たので、Highでのエントリーはそこで打ち止めなのですが、

これだとトレードチャンスが少なすぎます。

なので、安値のフラクタルが出たら、そこから高値フラクタルが出るまで再エントリー可能とします。

安値のフラクタルが出たということは、とりあえず周辺での最安値が確定したということです。

上昇トレンドならば、底を打って再度、上昇を開始する可能性が高いということですね!

ただ、トレンド開始時点よりも勢いは弱まっていることが多いので、

陰線の出現を確認し、じゅうぶんに押したのを見てからエントリーです。

これは狙い通りでしたね、勝ちです。

MACDのクロス直後のエントリー機会は一回だけですが、

こっちのほうはトレンドが変わるまで何度もチャンスがあります。

こっちがたぶんメインになりそうですね。

この場面でも、続行するなら、高値フラクタルがまだ出ていないのを確認し、

陰線を待ってHighで入ればいいです。

いろいろ指標を追加すれば、予測精度も上がってきそうではあります。

でも、シンプルさを求めてこっちに移行したので、

どこまでトレードルールを複雑化するかも悩みますね・・・

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)サインの読み方は非常に簡単。誰でもすぐ使えるMACD(外為どっとコム)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細