Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » トレンド順張りの救世主になれるか!?裁量ラインで勝負してみる!

トレンド順張りの救世主になれるか!?裁量ラインで勝負してみる!

おはバイナリーヽ( ´¬`)ノ

エリックです。

逆張りというリスクを負うためには、順張りでしっかりと稼いでおきたい!

そういう結論に至り、順張りで安定して稼ぐ方法を模索してみましたが・・・。

トレンド相場は「順張り」の取引手法を(マネックス証券)(注1

狙うならトレンド相場トレンドが出ている場面というのが一般的。

で、トレンドが出ている場面なのですが・・・。

上方向に切り替えしていく、と読んだこの場面。

上昇トレンドです。

上方向のHighで入るためには、

安値のフラクタルが出現して、ラインが引けないと入れません。

しかし、上昇中はなかなか安値のフラクタルラインが引けません。

なぜなら、上昇中なので安値も連続で切り上がり、

いつまでもフラクタルが出ないからです・・・

これが、順張りしたくても、なかなかできない原因です・・・

そこで、裁量で引いたアドリブのラインを引いてみました。

通常、短期ラインは最新のフラクタル2個を結んで描きます。

でも、このアドリブラインは、

最新のフラクタルとその2個手前のフラクタルを結んでいます。

本来は、安値のほうのフラクタルを結んだラインを引きたいのですが、

それだと下方向へ延長されるだけで、いまのレートの位置ではトレードに使えません。

なので、高値の裁量ラインを引きました。

上昇トレンドなので、そのラインも当然、超えてきます。

ライン超えでレジスタンスがサポートに転換したと解釈して、

ラインに落ちてきたところをHighで拾います。

この時点で、上昇トレンドというのも怪しくはなってきていますが、

まだ上がる力も残っているはず・・・

いちおう、安定した勝ち方といえるのかな?

Highで入ったところにきちんと安値のフラクタルが出てますね。

裁量ラインがサポートとして機能した証です。

これまでもトレンドをフォローしようとしても、

ラインが引けずに入れなかったことは何度もありました。

今度からは、この裁量ラインをうまく引くことで善戦できるようになるかも・・・

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)トレンド相場は「順張り」の取引手法を(マネックス証券)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細