Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 【一番遠いラインを徹底すること!】これが負けないトレードの秘訣?

【一番遠いラインを徹底すること!】これが負けないトレードの秘訣?

おはバイナリーヽ( ´¬`)ノ

エリックです。

今日は、外出していたので、いつもとはちょっと違ってかなり深い時間帯にトレード!

まずは長期ラインで流れを確認。

底をつけたら、しばらくは上方向を探りながらの横ばいかな?と予想。

やっぱり週末のアメリカ時間はそこそこ動きが大きいですね~。

普段はあんまりこの時間帯にはトレードしないんですよね。

いろいろ指標発表があって、ちょっと怖いんです。

代表的なのが雇用統計で、これ最初に出た内容だけじゃ方向が決まらないんです。

最初は雇用者数とか失業率などメジャーどころの数値に反応するんですケド、

1分遅れくらいで平均時給などの評価が現れ始めて大逆転、みたいなことがよく起きるんですよね。

お祭り的なものとしては楽しいんですけど、いざ勝とうとすると手強いな~という印象で、

いつも様子見しています。

米国雇用統計の見方(OANDA JAPAN)(注1

本日は、それほど重要な指標ではなかったのでこの程度の動き。

ここからはしばらく動き出しまでレンジかなあ、といったところ。

安値のフラクタルラインは1本しか引けていないのに対して、

高値は2本引けて、かつ平均線も走っています。

このあたりでLowで入るのがいいかな。

問題はこの3本のどれを選ぶかですが・・・

上はちょっと遠いかな~と思えたので、下のほうからLowで入ります!

手前に最新の高値フラクタルが出ていて、

それがこの下のラインを強化しているのも判断材料ですね。

しかし、予想に反して下のラインを上に抜かれてしまいました。

もう一本上のラインに到達したんですが、

ここには平均線も重なってかなり有力なエントリーポイントに見 えます・・・

さっきのトレードがまだ終わってませんが、ここでも急遽、Lowでエントリーしま す。

そして、まずは1本めの結果が出ました。

惜しい!

ドロー負けですね・・・

まあ、これは入った場所がミスだったので仕方なし。

2本目はしっかりと取って終了です!

複数のラインが引けるときは、一番遠いラインを採用すべきと普段から考えてはいるんですが、

そこまでローソクが伸びてくれないとエントリーできないというジレンマがあります。

今回も遠いラインを徹底できなかったので1勝1敗になっちゃいましたね。

やっぱり、負けないトレードをしたいなら、一番遠いラインを徹底することですね。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)米国雇用統計の見方(OANDA JAPAN)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細