Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 【上昇5波はチャンスが少ない?】下降への転換点を狙うべきか・・・

【上昇5波はチャンスが少ない?】下降への転換点を狙うべきか・・・

おはバイナリー(;-_-)

エリックです!

長期ラインを引いてみて、やりにくそうなかたちというのはけっこうあります。

この明らかに、下降トレンドのチャートでも、

サポートとレジスタンスが末広がりみたいになっていたり…。

途中でサポートラインの傾きが大きく変わって、またブレイクされたりと、

フラクタルラインでトレードするとなるとけっこう難しいな~。と感じますね。

こういうときは短期ラインも引きにくいんですよ。

ラインを引いてもすぐにブレイクされ、次のラインが引ける(=フラクタルが出現する)まで待つのですが、

そのフラクタルが出ないので待ち時間が長い・・・

そして、やっと引けたと思ったら、また上にブレイク・・・

と、見かけに反してけっこうエントリーの機会が少ないんですよね~。

まあ、どんな日もあるさ、と粘り強く待ちます・・・

さて、やっとラインが引けて、エントリーできそうな場面が来ました。

最近はエリオットのN字を意識していますが、

これもエントリーのチャンスを減らしている気がしますね。

最初の上昇→下降でラインが決まるのですが、

その次の上昇→下降で落ちてきたところを拾うのが唯一のエントリーチャンスです。

というのも、次の上昇→下降で上昇の5波は終わり

そこからはサポートがブレイクされやすくなるので、Highで拾いには行きにくいからですね。

相場は「上昇5波・下降3波」という周期性をもって動く(外為オンライン)(注1

その唯一のチャンスをHighで拾って勝ちましたが、これもギリギリですねえ。

いちおう、サポートの短期ラインと長期ラインが重なる部分なので、

ここは手堅いと思いましたが、短期ラインが破られています。

おおまかな流れではきちんと波動を描いてはいるのですが、

微妙に引いたラインとずれてしまうのは如何ともし難いですね。

細かい値幅で厳密に勝負する1分バイナリーでは、これがわりと致命的になってしまうこともあります。

それなら上昇5波のあとの下降へ転換する場面でLowに張ったほうが確実なのでは?

と思って試してみたら、これもギリでしたが成功でした。

次はこっちも試してみようかな?

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)相場は「上昇5波・下降3波」という周期性をもって動く(外為オンライン)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細