Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » フラクタルラインの寿命はどのくらい?エリオット波動が参考になるか?

フラクタルラインの寿命はどのくらい?エリオット波動が参考になるか?

おはバイナリー(ー_ー;)

エリックです。

さて、気を取り直して本日も長期ラインから引いていきましょう!

最近、あんまり使ってない長期ラインですが、常にトレンドの方向は意識したいので、

面倒臭がらずに引いています。

そして、主力となる短期ラインを引きます!

今回はだいぶわかりやすい感じかな~。

とりあえず、上昇トレンドぽいので短期ラインをサポートと考えてHigh。

これはいつもどおりですね。

そして勝ち

この調子でどんどん行きますか!

と、言いたいところなのですが、短期ラインの寿命はけっこう短いな~、と感じます。

新しいフラクタルの出現で、新規ラインが引けるのはもちろん、

すぐにサポートやレジスタンスとしての機能を失い、抜けられてしまいがちなんですよね。

どこまでこの短期ラインが効力を維持できるのか、というのが最近の興味のひとつです。

相場は「上昇5波・下降3波」という周期性をもって動く(外為オンライン)(注1

ここのところ参考にしているのが、このエリオット波動の動きですね。

上げ3回、下げ2回がセット、という考え方です。

これに従うと、すでに2回の下げが発生しており、今回の下げは下に抜けるおそれあり、と言えます。

ちょっと迷いましたが、あえてHighで入ってみることに・・・

おお!?勝ちでした。

うーん、これは波動もあんまりアテにならないのかな~、とも思いましたが・・・

勝ちではありましたが、さっきのポイントから新規のフラクタルラインが派生しています。

これはそこからトレンドが変化していることを示します。

エリオット波動が示すように、そこから一気に下げることはなかったですが、

3回の上げと2回の下げのあとにトレンドに変化は訪れる、というのはよくある現象なのかもしれませんね。

参考にその後の動きも観察していました。

波動に当てはめてみましたが、ちょっと無理くりかな~という気もします。

大事なのは下のフラクタルラインがサポートとして機能しているか、ということなのですが、

これはラインに引き具合でだいぶ結果に差が出そうですからねえ。

三度目の下げは要注意、くらいの参考に留めたほうがいいかもですね!

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)相場は「上昇5波・下降3波」という周期性をもって動く(外為オンライン)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細