Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » とにかくラインを引きまくり!機能するものを見つけ出せ!

とにかくラインを引きまくり!機能するものを見つけ出せ!

おはバイナリーヽ( ´¬`)ノ

エリックです。

ここ数日、ドル円の動きが少し活発になってますね!

1分足でもわりとトレンドが継続する感じで、長期のフラクタルラインもロングスパンになりがちです。

長期と短期のラインでは、少し長期寄りのトレードだったのですが、

最近はまた短期のほうを信頼するようになってきてますね。

フラクタルが更新されるたびに、原則、新規ラインを追加するので、

中にはどう見ても使えなさそうなものも混じっています。

こういうときは気にせず、無視するようにしました。

でも、後になってこのラインが機能したりもするので、いちおう残すことが多いですね。

古いほうの短期ラインは機能しそうなので、ここに頭をぶつけた瞬間にLow。

このラインはけっこう長生きして機能してくれそうですが・・・

シビアな展開でしたけど、なんとか勝ちに持ち込めました。

これは割と運が良かった感・・・

正直、これはレジスタンスラインとして機能したか微妙なトコですね・・・

すぐ上に平均線があり、そっち寄りの反転のような気もします。

すぐ近くに別の指標がある場合は、それも意識して寄せていったほうが安全かもですね。

前回、ラインの集束地点をヒントにできないか、みたいなことを言っていたのですが、

ちょっと精度的に厳しいかなという感じですね。

今回はこのへんにラインが集まってますけど、

そこを境にどちらかに大きく伸びたかというと、そうでもなく・・・

指標として使うのはちょっと保留ですかねえ・・・

形状的には底辺が水平線の三角保合いなので、下降の可能性が高いです。

三角保ち合い(SMBC日興証券)(注1

ですが下げようとして押し戻されているので、機能していません。

三角保合い後も実際のチャートでは膠着することが多いように思いますね。

ラインを引きまくっていますが、それはこのいずれかがたいてい機能するからです。

でも、どれが機能するかは不明なので、引きつける感じでラインを選択していくと いうのが良さそう。

この場面だと、本当は上の水平線でHighしたいけれど、

我慢して、下のラインまで待つ、って感じですね。

まあ、これもめっちゃギリギリなんですが、

最初のラインで入ってたら文句なしの負けなので成功の部類でしょう!

こうやってナンピンするみたいに後出しで安全策をとっていくほうが、

負けも減って収支は改善すると思います。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)三角保ち合い(SMBC日興証券)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細