Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » ラインの集束は変化の兆し?これが次の一手となるか!?

ラインの集束は変化の兆し?これが次の一手となるか!?

おはバイナリー(;-_-)

エリックです。

フラクタルラインをここまで使ってきて、

短期ラインや長期ラインの使い分けもある程度、できてきた感じなのですが、

ここからさらにもうひと押し、発展性が欲しいなと最近は感じてますね。

さて、今回はかなり長い上り坂の途中からトレード開始です。

開始点がここで・・・

先端部を拡大するとこんな感じに。

もうかなり上が詰まってきてる感じもして、下降に転換しそうにも見えるんですが、

なかなかどうして、こんなときは下げていかないんですよね。

どこまでも登っていくパターンのほうが多い気がします。

そして、もうひとつ。

短期ラインでエントリーを決めているのですが、

水平ラインは、斜めのトレンドラインよりも強いことが多いですね。

なので、この水平ラインからHighで入ります。

このライン。

さっきまでは高値のレジスタンスラインだったんですけど、

そこをローソクが抜き去ったので、逆にサポートラインに転換していると考えています。

サポートライン・レジスタンスラインとは(みんかぶFX)(注1

いったん下に抜かれましたが、持ち直して勝ち!

1分なら負けでしたが、3分なのでその間になんとか持ち直せましたね。

3分はやっぱりトレンドの方向性に合わせたほうがいいように感じます!

最初のほうで、さらにもう一手の発展性が欲しい、なんてことを言っていたのですが、

最近気になってるのはこういう複数のラインが集束するポイントですね。

ここを通過すると、トレンドに変化が現れやすいようなイメージがあります。

三角保合いのさらに強化版といえるかもしれません。

ちょっとライン多すぎでごちゃごちゃしていますが、その後の流れはこんな感じに。

長期のラインを抜いてはいるのですが、これまでのトレンドと同じ上方向なんですよね。

トレンドが変化して下へ、とはなってないんです。

さっきのラインの集束のあとは、方向に関わらず、トレンドが加速する、と考えるほうがいいのかな?

ちょっとパターンを多めに検証してみないと結論は出ませんね。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)サポートライン・レジスタンスラインとは(みんかぶFX)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細