Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 三角保ち合いブレイク後は順張りでOK!でも素直に下げない場合が・・・

三角保ち合いブレイク後は順張りでOK!でも素直に下げない場合が・・・

おはバイナリーヽ( ´¬`)ノ

エリックです。

三角保ち合いからのレンジブレイクは、順張りで素直についていったほうがいい

と前回に感じたんですが、

今回もいきなりテストできる場面が巡ってきました。

長期と短期のフラクタルラインを引いていたら、

いきなりぐんぐん下げ始めたので慌ててスタンバイ。

下にブレイクしたので、下降トレンドということでLowを狙っていきましょう!

下へ動き出したということで、サポート側の短期ラインも大幅に変化します

とりあえず、新しいフラクタルが出現して、下の短期ラインが引けるまで待機!

でも、なんだか下げる力が弱い気がしますね。

このまま下降トレンドになるのかな・・・?

高値フラクタルも最新のものが出ましたが、

以前の高値フラクタルライン(抵抗線)に含まれる感じなので、引き直さずにそのままで!

この抵抗ラインに頭をぶつけたところで、Lowで入ります!

そして、順当に下げて勝ち!

ただ、下降トレンドというほど下げは強くない感じがしますね、やっぱり・・・

短期ラインに沿って下げてはいるけど、なんか一定以上は下げないぞってカンジです。

これ、次も抵抗ラインで入ったら危ないかもしれませんねえ・・・

ふたたび抵抗ラインに頭をぶつけましたが、嫌な予感がしたのでスルー。

するとやっぱり機能せずに、上に抜けちゃいましたね。

新しい高値フラクタルが出現しているので、それで新規の短期ラインを引き直してみます

そのあとの動きは結局、こんな感じになりました。

いったん抜けた高値の抵抗ラインが、今度は支持ラインに変化しています。

「抵抗線」「支持線」でメド探る会社(四季報オンライン)(注1

この抵抗線から支持線への転換は広く知られた性質なんですけど、

短期のフラクタルラインで必ず機能するかというと・・・ちょっと不安定だと思います。

今回も支持帯にはなっていますが、けっこう割り込んでる部分もありますし・・・

信頼性高めの長期フラクタルラインなら、こういう使い方もアリだと思いますが、

短期ラインは別のフィルターで精度を上げていかないとダメな気がしますね。

では、本日はここまで!

お付き合いいただきありがとうございました!

■■■■脚注■■■■

(注1)「抵抗線」「支持線」でメド探る会社(四季報オンライン)

ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
ハイローオーストラリア 詳細
XEマーケット 詳細

プライバシーポリシー   |   ご利用規約

転載・複製は厳禁です

Copyright 2020 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細