Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 第二四半期のPC出荷台数から見る市場の傾向とは

第二四半期のPC出荷台数から見る市場の傾向とは

今や全体的に見ても縮小傾向にあるPC市場。

第二四半期の出荷台数が前年同期比11.8%減少の6610万台という報告が米IDCより発表されました。

減少の要因とは・・・

・Windows 10リリース前の在庫を削減するため
・Windows XPのサポート終了、これによりPC入替が終了
・円安ドル高のため購買力が低くなっている

IDCでは2015年の下半期についても一桁は減少するだろうと予測していますが

Windows10の台頭や、新たな市場をもたらしそうなクロームブックや2-in-1デバイスなど明るい話題もあるので

PC出荷台数が減少してもある程度は安定すると見ています。

世界における比率から見るとアジアが弱く、中でも中国では法人向けノートPC在庫が膨れ上がっていたこと、反腐敗運動で需要が減退したことなどが理由に挙げられます。

ドル高の影響は大きく、他アジア諸国で購買力が低下したのも原因です。

その一方、米国における第二四半期出荷台数は前年と比べ3.3%減となり、市場全体の減少幅を下回る結果となりました。

個別で見ると市場シェア率は以下の通り。

・Apple 前年同期5.9%→7.8%
・Acer  前年同期7.9%→6.6%

やはり米国市場で好調なのはAppleで、前年同期比+16%と大きく出荷台数を伸張しています。

一方Acerはアジア市場向けで苦戦を強いられています。

PC自体の市場は縮小傾向が続くと見られていますが、市場シェアを掴むことで高まる優位性、サーバーやスマートフォン、タブレットなどの新媒体による利益が今後ポイントになりそうです。

こういった発表は一見FXやバイナリーオプションなどの外貨取引に影響しないのでは?

と思われるかもしれませんが、これも一つの大切な経済指標となります。

FXやバイナリーオプションではこういった経済指標の分析からマーケットがどう動くかを読みとり、確実な利益を上げることに繋がるのです。
XM (XM Trading)口座開設詳細を見る
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細