Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 中国の貿易統計から見る明るい兆し?

中国の貿易統計から見る明るい兆し?

不動産バブルが崩壊した !?と危惧され注目を集めている中国。

中国の景気の状態を示す貿易統計が中国税関総署より発表されました。

その内容は意外にも輸出、輸入双方において市場予測よりも上を行く結果。

・輸出 前年同期比 +2.1%
・輸入 前年同期比 -6.7%減

輸出に関しては、当初予想の同-0.2%~+1.2%を上回る伸張率を見せました。

一方輸入は-6.7%減となったものの、市場予想同-16.2%~-15.0%の減少幅を下回る結果となり

これらの数字は結果的に安定しつつある景気を証明することとなりました。

原油の価格が軒並み落ちている状況の中で、中国の輸入減少幅が予想よりも下回った結果を見ると、やはり内需は回復しつつあることも垣間見れます。

これにより6月の貿易黒字は前月よりも130億ドル下がった465億ドルとなり、韓国では6月の貿易統計において輸出が回復、対外需要が中韓それぞれ回復する形となり今後も需要が大きくなる可能性を含んでいます。

中国株式市場は全体的に下がりそうで下がらない、この一定ラインを超えない状態が続くという明るい見方がある一方

一部の専門家によれば中国経済の経済成長率は弱くまだまだ不安要素ありと見ており

この貿易統計で見られた結果は続かないだろうという意見も述べています。

但し、今回の貿易統計の発表で中国の景気は持ち直している、という見方が強まると

景気対策の一環として金利の引き下げや預金準備率引き下げなどの策が施されるのは後回しにされるかもしれません。

次の注目は7月15日に発表される4-6月期のGDPでしょう。

中国経済は少なからず他の外貨にも影響を与えることが予測されます。

FXやバイナリーオプション取引にとって利益を上げるための注目すべき動向の一つです。
XEマーケット(XE Markets)口座開設詳細を見る
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細