Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 英国フィデッサと東洋証券の提携でブローカレッジ業界に新風

英国フィデッサと東洋証券の提携でブローカレッジ業界に新風

英国では老舗企業のフィデッサグループ(LSE: FDSA)、情報提供プラットフォームの構築やあらゆる金融サービスの技術開発を担う企業です。

この大手外資企業が、独立系証券会社である東洋証券にシステム提供を行ったと発表されました。

提供されたのは法人委託取引システムで、日本国内でもブローカレッジ業界に新しい風が流れました。

元々ブローカレッジ業界では、日本国内の流動性が高い複雑な取引環境に耐えうる、かつそういった需要に応えられる高い機能性が求められてきました。

これはフィデッサの得意とする所で、今回の提携を機に成功によりアジアへの進出を図っています。

具体的には2月と5月に中国の事業でも成功を収めていると発表しました。

東洋証券法人部トレーディング室長の佐藤渉氏によれば

「今回のシステム導入により、多様化した顧客が求める取引サービスに応えるべく、正確さとスピーディな取引サービスを提供できる」

と述べています。

実際にフィデッサは、国内ブローカレッジ会社トップ6社が管理する画期的な取引システムを提供することになります。

FXやバイナリーオプションなどの取引は外国の業者が注目されがちですが、国内の証券会社などにも目を向けてみる必要がありそうです。

FXなどの投資取引をする際に通貨が上がるか下がるかといった点はもちろんですが

やはりシステムの使いやすさや取引環境が自分にとって使いやすいか、という点も大事なことだからです。
XEマーケット(XE Markets)口座開設詳細を見る
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細