Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » 政府と日銀に動きが見られずドル高はまだ続く

政府と日銀に動きが見られずドル高はまだ続く

現在は、世界的に米ドル高が続いている状態です。

FXやバイナリーオプションでは、これをどのようにとらえればよいのでしょうか?

通貨ペアごとに、それぞれ見ていきましょう。

まずは米ドル/円について。

こちらは、2007年6月以来の水準となる124.07円まで上昇しています。

麻生財務省と黒田日銀総裁は口をそろえ、これを「好ましくない」と発言しました。

ただし、あくまで「大きな変動は好ましくない」という形式的な内容だったので、円安への介入があるとは見られず、市場にはまったく影響がなかったようです。

米ドル/円はこのように何か材料がないかぎり、安定した通貨ペアです。しばらくは、ドル高が続くと考えてよさそうです。

一方、ユーロ/米ドルは1.09ドル前後から1.0819ドルまで下落したものの、その後また1.09ドル台まで持ち直しています。

これは、ギリシャ政府が財政再建問題について、実務者協議で合意に向けた文書を作成しはじめた、との報道が原因となっているようです。

ただし、EUなどの債権者サイドではこれを否定する声も出ています。

こちらも米ドル高は続きそうですが、ギリシャ問題はどちらに転んでも大きな影響をあたえます。

そこに注目しておけば、一気にチャンスをつかむことができるかもしれません。

このユーロ/ドルの影響で、ユーロ/円は一時的に反落しましたが、最終的にはドル/円の影響が強く出て、133円台から135.02円の円安となりました。

このようにユーロ/円は、ドル/円とユーロ/ドルの影響を強く受けます。取引のさいには、どちらがより強く出るかを注目していきましょう。

豪ドル/米ドルでは、鉄鉱石価格の上昇があったにもかかわらず、0.77ドル台から一時的に0.7691ドルまで下落して米ドル高が進みました。

豪ドル/円は、米ドルに対して豪ドルより円のほうが下落が大きかったので、結果的に95円代前半から半ばまで上昇しています。

豪ドル/円も、ユーロ/円のように豪ドル/円と豪ドル/米ドルの影響を受けやすい通貨ペアです。両者を見くらべながらチャンスを読みましょう。
ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細