Menu
トップページ » 読んでおきたい価値あるニュース » クロダ・ライン=(1ドル124円半ば)を下回るその背景

クロダ・ライン=(1ドル124円半ば)を下回るその背景

円安が進み続けるの状況を防ぐためには日本の金融機関のトップ発言が重要です。

「現時点以上よりも為替レートが円安になるとは考えにくい」と日銀総裁黒田氏が放った発言=これが「クロダ・ライン」です。この要人発言が6月の国会において放たれた影響を受け、ここ数ヶ月は1ドル=124円台半ば(基準のライン)為替レートを維持しています。

円安をけん制する「クロダ・ライン」より、円相場は上昇の兆しをみせ、6月以降の2ヶ月間は基準ラインの124円台半ばを下回ることはありませんでした。


しかし、そのラインを割ってしまう経済指標の発表が8月5日にあり、様相を変えています。

ISMによる7月の非製造業景況指数が、約10年ぶりともなる高い水準での記録を残したのです。この指数から読み取れるのは、景気が転換していることを示すこと、そして米国経済の好機が堅いということです。

ニューヨーク市場では円安がクロダ・ラインを超え、1ドル=125円台まで進みました。

その他にも市場を左右する発表がありました。米連邦公開市場委員会(FOMC)では「労働指標の改善や物価上昇が利上げするための必須条件である」としており、円相場に影響を与える米経済の今後の動向も注視するべきでしょう。

FXやバイナリーオプションでも一番メインとなる取引通貨は米ドルと円の通貨ペアです。アメリカの経済情勢を把握しつつ、円とドルのレートの流れをつかむことで大きな利益を上げることが可能です。

情報が収集しやすい円/米ドルペアはこういった指標発表時が一番チャンスでもあります。今後も進みそうな円安傾向、どこで転換するのか長期的な目を持ちつつタイミングを測ることができれば確実に収益を伸ばす取引に繋げていけるはずです。
ハイローオーストラリア(High Low Australia)口座開設詳細を見る
転載・複製は厳禁です
Copyright 2017 www.fxoption.net All Rights Reserved.
ハイローオーストラリア 詳細